派遣法改正

 

管理部門・管理職事例①

労働者派遣法改正(平成27年9月30日施行)の内容について、正しい社員への周知および理解、そしてコンプライアンスに向けての社内体制の確立を図りたい。

実務のうえで解釈が難しいと言われている労働者派遣法をわかりやすく解説する研修会や勉強会の実施とともに、各種の資料等の提供を行っています。また、派遣先となるお客様や派遣スタッフに対する対応方法や社内手続き等における制度・規定やマニュアルの見直しと作成を指導・助言しております。

 

 

事業領域の拡大

 

消費財系事例②

従来の特化した業種や職種における派遣事業から脱皮して、広く事業領域の拡大を図りたい。

これまでの事業の沿革と現状の実態把握、そして考えられる今後の方向性についてのヒアリングと検討を経て、あるべき姿への課題解決に向けて的確な知識・経験とノウハウ、さらには豊富な人脈を持つコンサルタントが弊社の提携先などと連携をとりながら誠意をもって親身なコンサルティングを行っています。

 

 

事業戦略の構築

 

事例③知財職種専門

将来を見据えた経営の事業戦略そのものを検討するとともに、見直しを図りたい。

現状の分析と課題の抽出を行ったうえで、根幹となるべき経営理念の確認を始めとして、必要となる組織や職務遂行能力向上のための人材育成なども含めたトータルとしての体制や事業計画に至るまでの再構築をコンサルタントや顧問といった経験豊富な適任者を位置づけることによって支援を行っています。

 

 

派遣事業への新規展開

 

20代・30代事例④

現在にいたるまでの事業は順調に推移してきているが、新たに「人材派遣」への事業展開を検討したいので、アドバイスとともに支援をして欲しい。  

人材派遣の基本となる労働者派遣法の解説と行政手続き、そして顧客開拓と深耕営業等の営業活動や派遣労働者の募集・採用・雇用管理におけるポイント、各種の手続処理の社内規定化や苦情処理・トラブル対応など、スペシャリストとしてのコンサルタントやパートナー企業がご相談の対応と支援を親身に行います。